出産祝いには喜ばれるものを!人気のギフトや贈り方のマナーを解説!

出産祝いには喜ばれるものを!人気のギフトや贈り方のマナーを解説!

大切な人が無事に出産を終えたら、お祝いの気持ちを込めて出産祝いを贈りたいものです。とはいえ、出産祝いにもマナーがあります。今回は、相手に喜ばれる出産祝いを贈るため、人気のギフトやマナー紹介します。これから出産祝いをされる方は参考にしてみてください。

これを気を付けておくべき!出産祝いのマナーとは?

これを気を付けておくべき!出産祝いのマナーとは?

出産祝いをする際、これだけは気をつけなければならないマナーがあります。そのマナーを知らないでいると、気づかない間に恥ずかしい思いや相手に迷惑をかけていることもあるかもしれません。

どのような点に気をつければ良いのでしょう。出産祝いのマナーについて解説します。

金額の相場は3,000円から10,000円

出産祝いはおめでたいことですから、高額なお金や贈り物を贈りたいと思いがちです。ですが、贈られた方はお祝い返しをしなければいけないため、あまり高額なお金や贈り物は返って迷惑になることがあります。

一般的な金額の相場は3,000~10,000円です。ただ、相場は贈る相手との関係性によってことなります。3,000~10,000円というのは同僚や友人の場合です。

血縁関係者の場合は、5,000~50,000円までと金額も幅も広がります。また、友人ではない知り合いの場合は、1,000~3,000円程度が相場です。

出産祝いを贈る時期は出産から1週間から1か月後

出産祝いを送る時期にも注意が必要です。出産直後は報告や役所への届出などをしなければならないので多忙です。速すぎるタイミングで出産祝いを贈ってしまうと、相手に迷惑をかけてしまう可能性があります。

一番ベストな時期は出産後、1週間から1か月の間です。1週間もすれば、状況も落ち着いているので出産祝いを贈っても迷惑になりません。贈られた側も、お祝いの品を喜んで受けて取ってくれるでしょう。

1週間から1か月がベストとしましたが、1か月以上経ってから出産祝いを贈るのは問題ありません。後日報告を受けることもあるでしょう。その場合は、報告を受けてからなるべく早い段階で出産祝いを贈りましょう。

出産祝いの渡し方は宅配便か手渡しで送る

出産祝いは通常、宅配便で送るのがマナーです。出産後で忙しい場合や体調がすぐれないことが多いので、自宅や実家に持って行くのは良くありません。出来るだけ宅配便で届けるようにしてください。

手渡しで贈る場合は、相手が自宅や実家に戻ったタイミングで訪問しても良いか確認します。相手の都合もありますから、必ず事前に連絡をしてください。また、長居せずに早々に立ち去るのも大切です。赤ちゃんの世話などで多忙なため、長居はしないでください。

わざわざ病院に駆けつけて出産祝いを贈るのはNGです。体調がすぐれなくて入院していることもあるので、病院へ持参するのは絶対に避けましょう。

縁起が悪いNGギフトに注意

出産祝いでは絶対に贈ってはいけないNGギフトがあります。特に刃物類やハンカチは、「手切れ」を連想させる縁起の悪いギフトです。贈ると失礼になるので、避けてください。

また、置き場所に困るものもNGです。例えばベビーカーやベビーベッドなどがそれに当たります。あまり大きなものは部屋のスペースなどを取ってしまうので邪魔になることがあります。このようなものもできるだけ控えましょう。

出産祝いに使うのしや言葉の書き方とは?

出産祝いに使うのしや言葉の書き方とは?

出産祝いを贈る際には、のしを使います。そののしにも正しい使い方や書き方などがあります。次に、のしに注目してマナーを解説しましょう。

出産祝いに使うのしは紅白の蝶結び

出産祝いでお金を贈る際、必ず使うのがのし袋です。のし袋にはさまざまな種類がありますが、出産祝いで使用する場合は、紅白蝶結びのものを選んでください。

プレゼントを贈る際にものし紙を使用します。プレゼントに使用する場合も同じで、紅白蝶結びになったものを選びます。

紅白はおめでたさを意味し、蝶結びは「再び巡ってくるように」という意味が込められています。どちらも縁起の良さを表しているので、紅白蝶結びののしを選美ます。

ご祝儀袋やのし袋の書き方

ご祝儀袋なのし袋の上半分には、「御出産」や「御祝」と書きます。「御出産祝」などと書く場合もありますが、4文字にすると数字の「4」は「シ」とも読み、「死」を連想するところから嫌う人がいます。4文字にするのはできれば避けた方が良いでしょう。

水引きの下の部分には、自分の名前をフルネームで書きます。夫婦の場合は、夫の名前を中央にフルネームで書き、向かって左側に妻の名前を書きます。この時、夫の下の名前と高さを揃えて書いてください。

また連名で贈る場合は、3名までならそれぞれの名前をフルネームで書いてください。4名以上の場合は、代表者一名をフルネームで書いて左側に「他一同」としましょう。さらに残りの人たちの氏名を別の紙に書いて、のし袋に入れます。

ご祝儀袋やのし袋の中包みの書き方

ご祝儀袋やのし袋の中には真っ白い封筒が入っています。これは、中包みと言って、お金を入れるための封筒です。ここにも表と裏に書かなければならない事柄があります。

表書きには、包んだお金の金額を書きます。1万円なら「金壱萬円」などと書きます。数字は書き換えられることを防ぐという意味で、大字を使用するのがマナーです。

中包みの裏には、左寄せにして住所を書くのがマナーです。中包みによっては住所や氏名、電話番号を書く欄が設けられているものもあります。その場合は、印字に従って書いてください。

友達でも注意!メッセージを書くときに避ける言葉

親しい友達に出産祝いを贈る場合、ご祝儀袋やのし袋にメッセージカードを入れることがあります。メッセージカードを同封すること自体は問題ありません。ただし、メッセージを書くときに避けるべき言葉があります。

忌み言葉は絶対に避けましょう。特に出産で縁起が悪いとされている忌み言葉は、死産や流産などを連想させる言葉です。「流れる」という言葉も忌み言葉になりますから注意が必要です。

反対に繰り返す言葉は、むしろ入れた方が良いでしょう。「すくすく」や「伸び伸び」などは、「再び幸運がやってきますように」という意味も含まれています。積極的に使ってみてください。

楽天でも上位!人気の出産祝いとは?

楽天でも上位!人気の出産祝いとは?

出産祝いには何を贈ると良いのか、迷う人も多いでしょう。そこで、楽天でも上位にランクインしている人気の出産祝いを紹介します。

男の子にも女の子にもOKなおむつケーキ

出産祝いで一番人気が高いのは、おむつケーキです。おむつケーキとは、おむつをデコレーションケーキのようにまとめ上げたものです。見た目が可愛いので大変人気があります。

おむつは赤ちゃんにとって必須アイテムと言っても良いほど、大切なグッズです。男の子も女の子もどちらの場合でも、必ずおむつが必要です。また、何枚あっても困らないので、贈ると大変喜ばれるでしょう。

定番のブランケット

出産祝いでは、ブランケットも大変人気です。ブランケットは季節を問わず一年中重宝するアイテムです。また、洗濯の回数も多くなるので、複数枚あると子育て中のママは大助かりです。

出産祝い用として販売されているブランケットの中には、縫いぐるみの形にまとめられているものもあります。見た目がとても可愛いので、大変喜ばれるお祝いグッズです。

おしゃれなベビーウェア

おしゃれなベビーウェアも、出産祝いとして贈ると大変喜ばれます。その理由は、子育てに追われているママさんたちは、なかなか自分でおしゃれなベビーウェアを購入できないからです。

おしゃれなベビーウェアは、基本的に値段が高くなっています。子育て中のママは、これからのことを考えて節約モードに入ります。そのため、なかなかおしゃれなベビーウェアを購入しようと思えないのです。

それでも、我が子に可愛いベビーウェアを着せたいと思っています。出産祝いに贈ると、ちょっとしたお出掛けの時に着せられるので大変喜ばれるのです。

ママたちがもらって嬉しかったもの上位は?

ママたちがもらって嬉しかったもの上位は?

子育て中のママさんが実際にもらって嬉しかったものは、どんなものなのでしょう。ここで、実際のママさんたちの声を参考にした人気の高いものを紹介します。

タオルやおくるみ

子育て中のママさんが実際にもらって一番嬉しかったのは、タオルやおくるみです。タオルやおくるみは、日常的に使うことができます。また、こまめに洗濯をするので、複数枚あった方が何かと便利なのです。

複数枚あると雨の日で洗濯物が乾きにくい時でも、安心できるのでもらうと嬉しいなどの意見が多数集まっています。贈る際にはできるだけ肌触りのが良いものを選ぶと良いでしょう。

サイズが80~90のベビーウェア

ベビーウェアももらってい嬉しかった出産祝いの一つです。その中でも特に一番好評だったのは、80~90サイズのベビーウェアです。

赤ちゃんはすぐに大きくなります。そのため、ぴったりサイズのベビーウェアをもらっても、すぐに着れなくなってしまうことが多々あるのです。

80~90サイズのベビーウェアは、一番長く使うことができるので、子育て中のママさんから大変人気が高くなっています。

大人気なギフトセット

出産祝い用のギフトセットには、赤ちゃんに安心の素材が使用されたベビー用品一式がまとめられています。オーガニックコットンなどを使用したものがセットに入っているので、ママさんたちから大人気です。

中でも特に人気が高いのは、おもちゃやスタイがセットになっているギフトです。可愛くておしゃれなデザインのものが多いので、特に若いママさんたちからの人気が高くなっています。

出産祝いをもらった場合のお返しマナーとは?

出産祝いをもらった場合のお返しマナーとは?

出産祝いをもらったら、必ずしなければいけないのがお返しです。出産祝いの場合と同様に、お返しする場合にもマナーがあります。どのような点に気をつけると良いのか、詳しいお返しマナーについて解説します。

出産内祝いを贈る時期は出産から2か月以内

出産内祝いを贈る時期は、一般的には出産から2か月以内とされています。ただ、これはそれまでに出産祝いを頂いた人にお返しをする場合のみです。2か月以上過ぎてから出産祝いを頂いた場合は、少し時間をおいてから内祝いを贈りましょう。

また、内祝いを贈る相手に不幸があった場合は、通常は49日が過ぎてから贈るのがマナーです。出産内祝いは喜びを表しますが、葬儀は悲しみを表します。相手が悲しみの中にいる間に内祝いを贈るのは失礼に当たるので、注意してください。

予算は一般的に半返し

お返しをする場合の予算は、一般的には半返しです。例えば、1万円のお祝いを頂いた場合は、半分の5,000円のものをお返しとして贈ります。

ただし、高額なお祝いを頂いた場合は半分でもかなりの負担になることがあるでしょう。目安として5万円以上のお祝いを頂いた場合は、1/3程度のお返しでも失礼にならないとされています。

出産内祝いののしは蝶結び

出産内祝いを贈る場合にも、出産祝いの時同様にのしを使用します。出産内祝いもお祝い事ですから、のしは蝶結びのものを選択するのがマナーです。

蝶結びには「繰り返し」という意味があります。出産は何度あっても嬉しいことですから、蝶結びののしを選ぶことがマナーなのです。

出産内祝いにはカタログギフトがおすすめ!

出産内祝いに何を贈れば良いのか、迷うことがあるでしょう。そんな時は、カタログギフトを贈ると良いでしょう。

カタログギフトなら、贈られた相手が自分の好きなものを選ぶことが可能です。「もらっても困る」ということがないため、出産内祝いのギフトとして選ばれることが多いのです。

マナーを守って出産祝いを贈ろう!

出産祝いは嬉しさや喜びの気持ちを表すために贈るものです。より相手にその気持ちを理解してもらうためには、マナーを守った贈り方を心掛けることが重要です。今後良いお付き合いをしていくという意味でも、マナーを守って出産祝いを贈りましょう。

タイトルとURLをコピーしました