七五三のお祝い返しや内祝いはいらないの?相場金額や熨斗も紹介

七五三のお祝い返しや内祝いはいらないの?相場金額や熨斗も紹介

七五三といえば子どもにとっても親にとっても大切な行事のひとつですよね。そんな大切な行事だからこそ身内や知人からお祝いの品を貰うことも多いです。そこで七五三でお祝いを頂いた際のお祝い返しや内祝いについてお返しの相場金額やのしなどを紹介していきます!

そもそも七五三・お祝い返し・内祝いとは?

そもそも七五三・お祝い返し・内祝いとは?

七五三はお子さん、そしてご両親にとっても晴れの舞台です。この行事の思い出はご家族の記憶に残ったり、写真にしっかり記録したりして、お子さんが立派な社会人になっても忘れることはないでしょう。

そんな思い出深い行事だからこそ、親戚や知人からお祝いの品を貰うことも多いはずです。今回は、七五三でお祝いを頂いた場合のお祝い返し、内祝いの必要性や、お返しの相場・金額について解説します。

七五三について

「七五三」とは、お子さんの成長を祝い、健やかな成長を祈る伝統行事です。男の子なら3歳と5歳、女の子なら3歳と7歳になるとお祝いをします。この七五三は、各地域によって若干の違いはありますが、概ね自宅近くの神社に出向き、参拝および祈祷を行います。

七五三を行うようになった由来とは?

現在ほど医療の発達していない時代、子は「七歳までは神の子」という言葉があるほど、子供達の死亡率が高い状態でした。宮中・公家の間では、我が子が無事に成長するよう祈る色々な儀式を、節目ごとに行っていました。

七五三の由来は男女が3歳時の行事であった「髪置き」、男子5歳になった時の「袴着」、女子が7歳になった時の「帯解き」のお祝いにあります。

江戸時代には宮中・公家だけでなく、武家・裕福な商人の間でも行われるようになりました。その後、明治時代になると三歳・五歳・七歳の三つの行事をまとめ、「七五三」と呼ぶようになったのです。

七五三のお参りの時期はいつ?

七五三は本来お子さんが3歳・5歳・7歳になった年の11月15日に行われます。ただし、最近のご家庭ではおよそ10月中旬~11月下旬に行われ、六曜の大安・先勝のような縁起の良い日、家族の都合の良い日にお祝いするケースが増えています。

お祝い返しと内祝いについて

七五三のお祝いに離れて暮らす祖父母や親戚・知人等からお祝いを貰うことも多いはずです。お祝いをもらった際、お礼として「お祝い返し」「内祝い」を行うことがあります。

お祝い返しも内祝いも、やや似たような名前ですが内容は異なります。お祝い返しはお祝いを頂いた方々へお返しする目的で、贈り物をすることです。

一方、内祝いとはお子さんのお披露目も兼ねて品物を贈ったり、食事会をしたりすることです。

七五三のお祝い返しや内祝いとは?

七五三のお祝い返しや内祝いとは?

七五三の晴れの日にお祝いを頂いて、お子さんやご両親も大喜びのはずです。そんな時にご両親は、「お祝いのお返しは、どうすれば良いのだろう?」と、やや悩むかもしれませんね。

こちらでは、お祝い返し・内祝いの金額の相場、相手に喜ばれる心遣いを解説します。

基本的にお返しはいらない

七五三はそもそもお子さんの成長を身内で祝う行事です。そのため主役は子供達であり、お返しをする必要は基本的にありません。

祖父母や親戚等からお祝いをいただいた場合、お返しは不要となります。ただし、近所の方々や友人・知人からお祝いの品を頂いたなら、お祝い返しをした方が良いでしょう。

一方、祖父母がお孫さんのお祝いにやって来たなら、内祝いとして食事会を催すことも良い方法です。元気な孫の顔をみながら食べる料理はおじい様・おばあ様にとって格別なはずです。

お返しを贈る場合はお祝いで頂戴した金額の3分の1~半分

お祝い返し・内祝い共にその金額はお祝いで頂いた金額の1/3~半分程度が相場とされています。お祝いで頂いた金額と同額またはそれ以上のお返しは、逆に失礼となるので気を付けましょう。

とはいってもお祝いを貰った相手に、どの位の金額がかかったか聞き出すのも憚られるはずです。貰った品の金額が不明な時は次の金額を目安に、お返しの品を選んでみましょう。

  • 祖父母がお祝いを贈る金額:10,000円程度→お返しの品3,000円~5,000円程度
  • 親戚がお祝いを贈る金額:5,000円程度→お返しの品1,600円~2,500円程度
  • ご近所・友人等がお祝いを贈る金額:3,000円程度→お返しの品1,000円~1,500円程度

なお、前述したように、祖父母や親戚へ基本的にお返しをする必要はありません。

贈り物には手紙や七五三の写真を添える

特に祖父母から頂いたお祝いの品へお返しをする必要はありません。しかし、祖父母にとっては可愛くて仕方のない孫・孫娘、貰った側は何か心のこもったお返しを贈りたいものです。

そんな時は孫・孫娘の七五三の写真、それに孫・孫娘が書いたお手紙を添えて贈れば、おじい様・おばあ様は感激するはずです。このようなお返しは一生の宝物となることでしょう。

七五三のお祝い返し・内祝いで喜ばれるものとは?

七五三のお祝い返し・内祝いで喜ばれるものとは?

お祝いのお返しをするなら七五三のお参りが終わった後、品物を贈ることになります。お返しの品は伊勢丹・松坂屋のようなデパートの他、通販でも取り扱っています。高級なお返しの品でなくとも、縁起が良くお返しに喜ばれる物はいろいろとあります。

逆にお返しの品としては不適切な物も存在します。こちらでは、お返しに喜ばれる品物・避けた方が良い品物を取り上げます。

千歳飴

ひと昔前はお子さんの成長を祈る縁起物として、千歳飴を親戚・近所に配る風習がありました。現在でも気軽なお返しとして人気のお菓子です。千歳飴は昔ながらの包装で販売されている物や、風呂敷に包まれた物が人気です。

1,000円~2,000円程度が丁度良いでしょう。通販ショップ等では200本セットや多いもので2,000本セットで販売している場合もあります。もちろん、お返ししたい方々の分だけ揃えれば十分です。

タオル

千歳飴は人気のお返しの品と言えますが、お子さんが大きくなっている世帯、まだお子さんが生まれていない世帯に贈ってよい物か?と疑問に思うなら、どなたにも安心して贈れるタオルをお返しの品としましょう。

1,000円~2,500円程度が丁度良いはずです。こちらは、ブランド物を贈ると喜ばれます。例えばロイヤルコペンハーゲンニナリッチカシウェアローラアシュレイラデュレセリーヌ等があげられます。

ゼリー

同性代の親戚や親しい友人へのお返しには新鮮なフルーツを贈ることも考えられますが、やはり傷んでしまうこともあります。そんな時は、フルーツよりもお手頃価格で、相手も手軽に食べられるゼリーが良いでしょう。

2,000円~3,500円程度が丁度良いでしょう。こちらは、ブランド物を贈ると喜ばれます。色々な味が入った詰め合わせはもちろん、北海道の「夕張メロン」や山形の「ラフランス」等の産地直送のゼリーもあります。

石鹸

お祝いの品を頂いたけれど、相手の好みがいまいちわからないならば、石鹸をお返しの品にするのも喜ばれるはずです。

1,500円~2,500円程度が丁度良いでしょう。肌に優しい石鹸はもちろんですが、小さいお子さんがいる世帯ならキャラクター物の石鹸もおすすめです。

スイーツ

高齢の方やお子さんにも喜ばれるお返しを贈りたいなら、保存のきくスイーツが良いでしょう。クッキーやバウムクーヘン等がおすすめです。

1,000円~3,000円程度が丁度良いはずです。内祝い用に装飾されたギフトセットもあり、目でも楽しめる品が多いです。

お祝い返しや内祝いとして避けるべきもの

最近ではお返しを受け取る相手の解釈も柔軟になっています。どんな物を贈っても縁起の悪い品として忌避される傾向はあまりないでしょう。

ただし、明らかに目上の人や、縁起物へこだわりを持つような方々には、お返しも気を使った方が無難です。こちらでは、主にお返しとして選ぶべきではない品物とその理由をみてみましょう。

  • 現金や商品券:ギフト券・図書券等なら友人・知人に贈るのは問題なし。しかし、現金や商品券を贈る場合「金品を与えよう。」という、上から目線のギフトと解釈される恐れもある。
  • 下着や靴下:知人・友人が働き盛りの方々なら靴下を贈れば喜ばれる可能性あり。ただし、貧乏人への「施し物」として解釈されてしまうリスクもある。
  • 包丁・はさみ:包丁等はお料理好きの家庭なら喜ばれるかもしれないが、刃物は「縁を切る」ということを連想させる。
  • ボールペン・万年筆:特に社会人となるお子さん等がいる家庭では喜ばれることもある。ただし、鋭利なので刃物と同様に「縁を切る」ということを連想させる。
  • 靴・サンダル:小さいお子さんがいる家庭なら、アニメキャラクターのサンダル等を贈って問題なし。しかし、「あなたを踏みつける。」と解釈されてしまうリスクもある。

七五三のお祝い返し・内祝いの熨斗(のし)や表書きは?

七五三のお祝い返し・内祝いの熨斗(のし)や表書きは?

せっかく頂いたお祝いなのですから、お祝い返し・内祝いも感謝の意を表して贈りたいものです。こちらでは、贈る際の熨斗(のし)や表書きについて解説します。

お祝い返しや内祝いに熨斗(のし)は必要?

我が国ではお祝いの行事で品物を贈る場合、のし紙を付ける風習があります。やはりのし紙を付けた方が良いでしょう。のし紙は行事によって種類を使い分けます。七五三の内祝いなら「紅白の蝶結びの水引」を選びます。

お祝い返しや内祝いを購入する際、七五三の内祝いであることを店側に伝えれば、包装の時のし紙を付けてもらうことができて便利です。

お祝い返しや内祝いの表書きについて

のしの表書きは「内祝」や「七五三内祝」「御礼」のいずれかを記載し、水引の下の部分にはお子さんの名前だけを記入します。この時、苗字は書きません。

当然、鉛筆やボールペンでの記載は相手方に失礼ですので、毛筆または筆ペンを使った方が無難です。

お祝い返しや内祝いが封筒の場合

贈る相手が気の置けない人なら、お返しや内祝いとして商品券・図書カードなどを贈っても構いません。とはいえ、この場合も水引が紅白蝶結びタイプの封筒を選び、のし紙と同様、表書きにお子さんの名前を記入します。

内祝いで食事会をする場合

内祝いで食事会をする場合

内祝いをするならギフトだけでなく、食事会を開くのも良い方法です。七五三はあくまでお子さんが主人公なので、ファミリーレストラン等、お子さんが好きなお店で食事をして問題ありません。

ただし、お孫さんの成長をお祝いしたいおじい様・おばあ様、その他の親戚が集まる場合、静かに落ち着いた和食店等で食事会を開き、メニューもお祝いごとにふさわしいコースを選ぶ方が無難と言えます。

ホテルやレストランで食事会を開く場合、費用は様々ですが、子供1人2,000円~3,000円程度、大人1人3,000~10,000円程度が相場です。

一方、個室を利用する場合、場所によっては個室料が必要なこともあります。お店を予約する際に確認してみましょう。

なお、七五三で参拝予定の神社にレストランが併設されている場合もあります。興味がある方々は参拝予定の神社のホームページ等で、チェックしてみてはいかがでしょうか。

お返しまでしっかり行ってよい七五三にしましょう!

お返しまでしっかり行ってよい七五三にしましょう!

七五三のお祝いのお返し・内祝いは、無理に行うものではありません。しかし、お祝いというご厚意に感謝する意味で、行った方が良い習慣と言えます。

もちろん、その際はお祝いを頂いた相手が家族にとってどんな存在か、よく確認して失礼に当たらないギフトを贈りましょう。

ただし、七五三の主人公はお子さん・お孫さんです。いつまでも記憶に残るお祝い事となるよう、ご両親・親族等は気を配る必要があります。

タイトルとURLをコピーしました