人気のお供えギフトとは?お供え物の金額相場や熨斗(のし)についても紹介!

人気のお供えギフトとは?お供え物の金額相場や熨斗(のし)についても紹介!

お盆や法事で弔問したときはお供え物を持っていきますが、お供えギフトがたくさんあって何を選べばよいのかわからないという方は多いのではないでしょうか?そこで今回は人気のお供えギフトやお供え物の金額相場、熨斗(のし)の書き方などについて紹介します。

お供えギフトを渡すタイミングや金額相場とは?

お供えギフトを渡すタイミングや金額相場とは?

親しい人のお家へお盆や法事で弔問したとき、お供え物を持っていくのがマナーです。しかし、お供えギフトはいろいろ種類があって金額もまちまち、ギフト選びに悩まれるかもしれません。

そこで今回はお供えギフト選びやその注意点、金額相場から無礼にならない渡し方まで解説します。

玄関口で香典と一緒に渡すのが一般的

法事・法要でお供え物を持参した場合、玄関口で施主から挨拶をされたら、持参したギフトを香典と共にご仏前へ備えるよう渡しましょう。

もちろん、施主が忙しくて玄関口へ出てこず、お家に入ってから施主・家族のいる前で渡しても構いません。ただし、施主が留守にしている状況ならまだしも、施主以外の遺族に手渡す、黙っていきなり仏壇へ供える行為はマナー違反です。

お盆や周忌法要の場合は郵送でも問題ない

お盆や周忌法要に招かれたら、やはり出席するのが礼儀です。とはいえ、招かれる側にはいろいろな用事もあるはずです。

出席する場所が遠方だったり、スケジュールの調整ができなかったりして出席できない場合は、ご自宅や周忌法要を行う会場へ郵送しても構いません

ただし、お盆や周忌法要の一週間前~前日までに到着するよう手配するのがマナーです。念のため、事前に遺族と相談しておきましょう。

金額相場は故人との関係によって異なる

気になる金額相場ですが、お供えギフトの一般的な相場は3,000円~5,000円程度となります。当然、強制では無いですが故人と特別に親しい間柄であった場合、1万円程度と高めでも良いでしょう。

香典とお供えギフトを両方用意するならば、香典を少なめに包んでも構いません。ただし、お供えギフト・香典の金額相場は地域により異なることがあります。法事やお盆の儀式に詳しい人へ、事前に相談してみるのも良い方法です。

人気のお供えギフトとは?

人気のお供えギフトとは?

亡くなった方へのお供えギフトである以上、もちろん中身が何でも良いわけではありません。それでいて、遺族にも喜ばれる品を選ぶのはなかなか大変でしょう。

こちらでは、相手を選ばない人気のギフト、上司や目上の人へ相応しいギフト、お花を贈る場合の注意点についても解説します。

お供え物として喜ばれる条件

受け取って喜ばれるギフトには概ね3つの条件があります。まずは食べ物・飲み物、線香やろうそく、生活用品なら石鹸等のような「消費されて無くなる物」です。逆に高価な壺や絵画等をギフトにしても、遺族が扱いに困ってしまうので避けましょう。

次に「分けるのが容易で日持ちする物」が喜ばれます。特に焼き菓子やせんべいは、お供えした後でもすぐに傷むことは無いので、安心して家族で食べることができます。

最後に、「故人が好きだった物」をギフトにしても良いでしょう。亡くなった方へのお供え物としては最適です。故人の好きだった花や、お酒が好きならその銘柄を供えるのも喜ばれます。

お菓子やスイーツは相手を選ばない人気のギフト

故人はどんな物が好みだったか良くわからない、また、個人の趣味がプラモデルやラジコンと言うようにどう考えてもお供え物へ向かない物ならば、飲み物・お菓子・スイーツの詰め合わせが無難です。やはり3,000円~5,000円の品がほとんどです。

遺族の方々が喜びますし、食べて消費するので場所をとったり扱いに困ったりするような物ではありせん。日持ちが良いように缶・びんの飲み物、せんべいや焼き菓子等がお勧めです。

お供え物の定番お花はちょっと注意が必要

弔意を表す供花は、お供物ランキングでも上位にくるギフトの定番と言えます。しかし、遺族が花瓶を用意しなければならないので供花があまりに多くても戸惑ってしまいます。そのため、籠花・アレンジメントがギフトとして相応しいです。

金額は4,000円~13,000円の物まで幅広いです。とはいえ、特大サイズを遺族へ渡してもさすがに置き場所へ困ってしまいます。サイズとしては「横約30cm×縦約50cm×奥行約25cm」くらいの品が丁度良いところでしょう。

供花は、白菊、ユリ、カーネーション、黄菊、コチョウラン何より故人の好きな花が喜ばれます。

上司や目上の方には線香やろうそくなど仏具も

上司や目上の方にはある程度畏まった品が良いでしょう。具体的には線香ろうそく等の仏具がお勧めです。線香・ろうそく共に金額は2,000円~10,000円の物まで幅広いです。

線香は贈答用の定番ですが、ろうそくでは贈答用に芸術性の高い手書きの和ろうそくも販売されています。このような気品の高い物を選べば目上の方に贈った際、失礼に当たることはないでしょう。

お供え物に適さない物とは?

お供え物に適さない物とは?

飲み物や食べ物、供花であれば、どんな物でもギフトとして贈って良いというわけではありません。やはり、お供えギフトとして避けるべき品もあります。こちらでは、お供えギフトとして適さない物を解説します。

肉や魚など殺生をイメージさせるもの

肉を味噌漬けにした食べ物や、高級な魚介を使用した缶詰等は、確かに長期間の保存に適しています。一見、目上の人等におくるギフトとして妥当なのではないか、と思われることでしょう。

しかし、お盆や周忌法要の時期に肉や魚を使った食品は、殺生を連想させるので避けるべきです。もしも、持参したいと思うなら、また別の機会に肉や魚を使った食品を手渡すべきでしょう。

日持ちがしないものは極力避ける

お盆や周忌法要ではタブーというより、食品衛生上の問題と言えます。お菓子等の詰め合わせをお供えギフトにするのは良いのですが、日持ちする物に限定されます。

例えば、ショートケーキのような洋菓子は、しばらくお供えするとすぐに傷んでしまいます。そのため、お供え後に遺族が安心して食べられるような食品を選びましょう。

トゲや毒のある花や香りの強い花もNG

お供えギフトとしては、香りの強い物は避けるべきです。ニンニクやネギ等の香りが強い食品はもちろん、供花としてバラのような香りの強い花を選ぶのも不適切です。

また、バラサボテンにはトゲがあり扱いに注意は必要ですし、茎から出る汁液が皮膚炎、水泡、化膿を引き起こす「アネモネ」も供花に選んではいけません。

お供えギフトを贈る際の熨斗(のし)はどうする?

お供えギフトを贈る際の熨斗(のし)はどうする?

慶事のお祝い事、お中元やお歳暮といった贈り物では熨斗(のし)を付けると思います。お盆や周忌法要のお供えギフトでも付けることになります。

とはいえ、お盆や周忌法要は慶事のお祝い事で無い以上、どんな熨斗(のし)を選べば良いか迷われるかもしれません。こちらでは、熨斗(のし)とは何か?どんな熨斗(のし)を選ぶべきか等について解説します。

そもそも熨斗(のし)とは?

熨斗(のし)は正式には「のしあわび」と言われていました。昔、貝のアワビをのして使った事からこのように呼ばれました。古来より縁起物とされ「神饌(しんせん)」として用いられていました。

熨斗(のし)は、故人の遺族以外の方々が法事や法要の際、仏前・神前にお供えするために贈る品へ付けるのが一般的です。

お供え物には弔事用ののし紙をかける

お盆や周忌法要のためのお供えギフトに、慶事のお祝い事、お中元やお歳暮といった贈り物で用いる熨斗(のし)を付けてしまうのは、遺族との信頼関係を損なうマナー違反となってしまいます。

また、のし紙」にも注意が必要です。贈り物へかける「かけ紙」に、のし・水引・表書き等を印刷された物がのし紙と呼ばれます。

このかけ紙の右上にのしが印刷されている場合、お祝い事のみに使用される紙となります。お盆や周忌法要等の弔事ならば、のしの印刷が無い紙を使用しましょう。

とはいえ、「弔事用のし紙」も販売されています。こちらの特徴としては「結び切り」という結び方の水引、表書きのみが印刷されています。弔事用のし紙ならば安心して使用できます。

水引は黒白か双銀の結び切りが一般的

水引の色にも注意しましょう。弔事用の水引は通夜・葬儀の場合なら、一般的に黒白の水引が印刷された物を使用します。一方、法事用ならば双銀・黄白の他、地域により青白の水引が印刷された物を使用されることもあります。

地域によって水引の色を使い分けるタイミングは異なり、関西地方なら四十九日法要以降は黄白の水引となります。一方、関東地方では一周忌までなら黒白を使い、黄白の水引は三周忌以降で使用できると言われています。

表書きの上部には「御供」下部には「自分の名前」を書く

お供え物に付ける熨斗(のし)には、表書きの上部には「御供」または「御供物」と記載します。そして下部にはご自分の氏名を記載します。

この「御供」「御供物」は仏式・神式・キリスト教式、どの宗教でも使用可能です。その他、仏式ならば御仏前・御佛前でも良いですし、神式なら御神前・奉献・奉納、キリスト教式なら御花料と記載しても構いません(ただしキリスト教の場合、祭壇へは供物を供えない)。

場合によって外のしか内のしかを分ける

熨斗(のし)のかけ方には、「内のし」という包装紙の中にのし紙をするやり方、「外のし」という包装紙の外側にのし紙をするやり方があります。風習と言うよりも贈るケースによって、この2つの方法どちらかが選ばれます。

内のしは外側から見えないので、お供え物を郵送する場合よく使用します。この方法なら、運搬中にのしが破損することもないので安心できる事でしょう。

一方、外のしは祭壇等に多数のお供え物が並ぶ場合でも、どなたからのお供え物なのかはっきりわかります。そのため、直接お供えを渡す場合に使用されます。

ただし、前述したケースで必ず内のし・外のしにしなければいけない、という決まりごとはありません。また、最近では配達方法もより丁寧なので外側にのし紙をするやり方でも、破損を心配する必要はあまりないでしょう。

お盆や周忌法要が終わった後のお供えギフトの扱いとは?

 

お盆や周忌法要が終わった後のお供えギフトの扱いとは?

逆に贈る方ではなく、ご自分が喪主(喪家)側でお供えギフトを頂いたときに、頂いた物品をどうすればよいのか?と迷う場合もあるでしょう。頂いたお供え物は、基本的に次の3つのパターンのうちのいずれかで対応することになります。

1. 法要の場で頂く

2. 喪主(喪家)側が受け取り、喪主(喪家)側で処理する

3. 出席してくれた参列者へ配る

お供えギフトの中身はもとより、地域性やギフト数・出席者の数でも対応は違ってくることでしょう。例えば、頂いた籠花フラワーアレンジメントならば仏壇に置かれます。

一方、ギフトがお菓子類ならその場で開けて出席者みんなで食べることがあります。石鹸ならば後ほど遺族が入浴の際に利用することでしょう。いずれにしても「この扱いが正解。」というものはありません。

そのため、故人のためにどのような人達が集まったか(遺族・親戚のみか?友人・知人・上司もいるのか?等)をよく考えて対応しましょう。

しっかりと亡くなった方へのお供え物を選ぼう

お盆や周忌法要のためのお供えギフトは、高島屋のような高級デパートで購入しても、ネット販売で購入しても、どこで買うかは問題でありません。大切なのは故人を悼み、故人や遺族に喜ばれる品物を贈る方々、一人一人の真心・思いやりです。

タイトルとURLをコピーしました