人気の入学・入園祝いギフトとは?プレゼントの金額相場も紹介!

人気の入学・入園祝いギフトとは?プレゼントの金額相場も紹介!

身内やママ友の子どもが入園・入学したらお祝いのプレゼントを贈りたいですよね。しかし、せっかく贈ったものでも使われなかったり、いらないと思われてしまうのは悲しいです。そこで今回は人気の入学・入園祝いギフトやプレゼントの金額相場を紹介します!

入園・入学祝いの相場金額とは?人気のプレゼントとは?

入園・入学祝いの相場金額とは?人気のプレゼントとは?

家族や親戚、親しい知人の子供が、入園や入学という人生の節目を迎えたときに、なにかお祝いの品を贈りたいと考える人も多いでしょう。せっかくプレゼントを贈るなら、喜んでもらえるものや、身近に使ってもらえるものを選びたいもの。

そこで今回は、入園や入学祝におすすめのプレゼントについて、年代別にご紹介していきます。

年代・関係別の相場金額を紹介

まずはプレゼントの金額相場についてご紹介していきましょう。プレゼントの金額相場は、子供の年齢や、関係性によっても異なります。一般的に年齢が上がるほど、あるいは関係性が近しいほど、金額の相場は高くなります。

祖父母からのプレゼントの金額相場は、子供の年齢にかかわらず2万円以上がもっとも大きな割合を占めます。祖父母以外の親戚の場合は、子供が中学生までなら5000円~1万円程度、高校生以上になると2万円程度が相場です。ママ友や両親の友人からの場合は子供年 齢にかかわらず5000円~1万円、あるいは1万~2万円が相場になっています。

一般的にもらって嬉しいものを紹介

入園や入学祝で喜ばれるプレゼントについて、子供の親の目線でご紹介していきます。第1位は現金です。お金を贈り物にするのはどうかという意見もありますが、入園や入学時はなにかと物入りですので、やはり現金は喜ばれます。

もし現金を贈るのに抵抗がある場合は、商品券やプリペイドカードなどのギフトカードにしてもよいでしょう。その際は、相手のライフサイクルに合ったものや、利便性の高いものを選ぶことが大切です。

現金やギフトカードのほかに喜ばれるプレゼントとしては、お菓子の詰め合わせや、品物を自由に選べるカタログギフトなどがあります。これらは先方の負担にもなりませんので、ささやかなお祝いの気持ちを表したいときにもぴったりです。

一般的にもらってガッカリするものを紹介

同じく子供の親の目線から、もらってもあまりうれしくなかったプレゼントの例をご紹介していきます。もらってガッカリしたプレゼントとして代表的なのは、すでに準備しているものです。例えばランドセルや制服などは、あらかじめ先方と相談しておいたほうがよいでしょう。

そのほかにも、子供あるいは親の趣味に合わないものや、TVゲームといった勉強の妨げになる可能性があるものなどが挙げられます。せっかく贈ったのにガッカリされたら、こちらもガッカリしてしまいます。入園祝いや入学祝を贈るときは、事前に内容や好みの相談・リサーチしておいたほうがよさそうです。

幼稚園・保育園の入園祝いの人気ギフトとは?

幼稚園・保育園の入園祝いの人気ギフトとは?

ここからは、年代別に入園・入学祝いにおすすめのプレゼントをご紹介していきます。まずは入園祝いにおすすめのプレゼントについて見ていきましょう。

成長が著しい時期だからこその「知育玩具」

頭が柔らかくさまざまな物を吸収する力に優れているこの時期の子供に贈るのは、知的好奇心を刺激する知育玩具がおすすめです。積み木やままごと道具、楽器など、想像力を豊かにしてくれるものがよいでしょう。特に木製のものが喜ばれます

知育玩具は5000円~1万円程度のものが多いですが、中には2万円以上する高価なものもあります。知育玩具は学ぶ楽しさを教えてくれるだけでなく、思考力や論理力を鍛えることで、知性や人間性を磨くことにもつながります。

ただし木製の玩具は高価であるため、予算に見合ったものを見つけるのはすこし骨が折れるかもしれません。また木製のものは重量があるため、ケガをしにくい軽量のものや、角が丸いものを選ぶことが大切です。

一生の思い出になる「絵本」

子供のころに出会った絵本は、一生の思い出になるほど印象深いものです。語彙を増やすだけでなく、子供の想像力を豊かにし、共感性を育ててくれるものでもあります。絵本の相場は1000円~2000円程度と比較的手ごろで、贈る側も受け取る側も負担に感じにくい点もメリットです。

ただし子供の趣味に合わない絵本は見向きもされないことがあるため、事前に好みをリサーチしておきましょう。絵本には物語絵本のほか、知識絵本、仕掛け絵本、布絵本、シール絵本など、さまざまな種類があります。子供の興味を引くようなものを選んでみてくださいね。

日々の生活でも使える「ハンカチ」

ハンカチは身近に使えるものですので、入園祝いの贈り物としても喜ばれます。ハンカチの種類としては、ガーゼハンカチやタオルハンカチのほか、速乾性の高いワッフル生地のものなどがあります。値段も500円から2000円程度と、比較的手ごろです。

デメリットとして1つ注意したいのは、ハンカチは実は贈り物としては縁起が良くないという点です。ハンカチは漢字で「手巾」と書き、「てぎれ」と読むこともできるからです。もし縁起を気にするご家庭に贈るのなら、ハンカチは避けたほうが無難です。

小学校の入学祝いの人気ギフトとは?

小学校の入学祝いの人気ギフトとは?

続いて小学校の入学祝におすすめのプレゼントについてご紹介していきます。新小学一年生への贈りものは、学習などに使える実用品などが喜ばれる傾向にあります。

小学校生活での必須アイテムである「文房具」

学校生活の必需品である文房具は、やはり小学校の入学祝として喜ばれます。たとえば鉛筆やノートのほか、ペンケースや下敷きなどがあります。名前入りのものや、ちょっと高級感のあるおしゃれなデザインのものなどは、とくに喜ばれています。

ただし文房具は学校によって色や形に細かい指定がある場合がありますので、リサーチしないで選ぶと、使ってもらえない可能性があります。またキャラクターものは、流行が終わると途端に飽きられることもあるので、避けるほうが無難です。文房具を贈る場合の相場は、ママ友や両親の友人の場合は3000円~5000円程度、祖父母や親戚の場合は5000円~ 1万円です。

トンボ ギフト用えんぴつセット 鉛筆 文房具
文具マーケット 楽天市場店
¥ 990(2024/03/07 12:19時点)

小学校生活以外でも使える「実用品」

学校生活以外でも使えるような実用品もおすすめです。たとえば友達同士で出かける機会も増えてきますので、時計やリュック・カバンのほか、財布やおしゃれなタンブラーなどもよいでしょう。実用品や消耗品は身近に使ってもらえるというメリットがある一方、身近なものだからこそ、好みに合わなければ使ってもらえないというデメリットもあります。

実用品の相場は3000円~5000円といったところです。長く使えるものはそれなりに値がはるため、5000円~1万円を想定しておきましょう。 

制服がない学校の場合は「ファッションアイテム」もおすすめ

小学生ともなればおしゃれ心が芽生えてくるもの。服装に特に規定がない学校に通っているなら、学校生活で身に着けられるようなファッションアイテムの贈り物もおすすめです。友達とおそろいものや、逆に友達と差がつけられるような大人っぽいものは、とくに喜んでもらえるでしょう。

ただしファッションアイテムは、実用品と同じく子供の好みが大きく影響します。とくに女の子へのプレゼントは、事前によくリサーチしておきましょう。ファッションアイテムの相場は3000円~5000円程度、祖近しい間柄や祖父母などからのプレゼントなら5000円~1万円程度を目安にしてください。たとえば腕時計や財布のほか、ヘアアクセサリー、ブランド物の洋服などがおすすめです。

中学校の入学祝いの人気ギフトとは?

中学校の入学祝いの人気ギフトとは?

中学生への入学祝いのプレゼントについて、おすすめをご紹介していきます。中学生ともなるとプライベートな時間も増えてくるので、そういった時間に身近に使えるものがおすすめです。

休日に遊びに行くことも増える中学生だからこその「財布」

中学生からお小遣い制度が始まるというご家庭も多いでしょう。自分で買い物をする機会も増える中学生には、財布のプレゼントもおすすめです。財布にもいろいろな物がありますが、女の子にはおしゃれなデザインの長財布やがま口財布男の子には落ち着いたデザイン革財布や、持ち運びに便利な小型の財布などがおすすめです。

財布の金額相場は高額になる傾向があり、5000円~2万円を目安にするとよいでしょう。財布のプレゼントは特別感がありますので、喜んでもらえる一方、機能性やデザインの好みを誤ると喜んでもらえまないことがあります。高額なプレゼントだからこそ、事前のリサーチや相談は欠かさないようにしましょう。

部活で使う「タオル」や「スポーツ用品」

部活にやる気を出している子供には、部活で使えるようなスポーツ用品などもおすすめです。タオルは文化部・運動部を問わず使えますので、種類に迷ったらタオルをチョイスしてもよいでしょう。シューズや練習着は、部活動で指定がある場合もありますので、事前に確認しておいたほうが無難です。金額の相場は3000円~1万円程度です。

おしゃれに気をつかう時期だからこその「メンズコスメ」

思春期を迎える中学生たちはおしゃれにも敏感。女の子向けはもちろん、男の子にも身だしなみに使えるコスメ用品はおすすめです。金額相場は3000円~5000円程度です。

具体的な種類としては、たとえば化粧水やボディクリームなどのスキンケア用品のほか、シャンプー・リンスなどのヘアケア用品などが挙げられます。ただしコスメ類は体質や肌質によって合わない場合もありますので、あまり好みを知らない場合は避けたほうが無難です。

高校の入学祝いの人気ギフトとは?

高校の入学祝いの人気ギフトとは?

高校の入学祝におすすめなのは、大人っぽい落ち着いたデザインのアイテムです。大人になっても長く使えるような、上質なものを選ぶのもおすすめです。

ワンポイントの「ファッションアイテム」はおしゃれなプレゼントに

実用的なデザインだけれど、さりげなくおしゃれなアイテム。大人になりかけの高校生たちには、そういったさりげない特別感のあるワンポイントのファッションアイテムがおすすめです。

たとえば革のベルトやスカーフ、ストール、バンダナなどが使い勝手がよいでしょう。有名ブランドのロゴが入ったものなら、なお喜ばれます。高校生ともなるとファッションの好みが確立されてきていますので、相手の好みを全く無視して選ぶと、使ってもらえないというデメリットがあります。上質なアイテムはそれなりに公かですので、相場は1万円~2万を目安にしてください。

校則が自由な高校なら「アクセサリー」がおすすめ

服装に規定がない高校なら、ピアスやブレスレット、ネックレスといったアクセサリーもおすすめです。ヘアアクセサリーなら、風紀の厳しい高校に通う場合でも使いやすいでしょう。

アクセサリーは5000円から購入できるものもあれば、1万円以上する高価なものもあります。高価なプレゼントだけに、もらった側のうれしさはひとしおでしょう。ただし校則で禁止されているにもかかわらず、ピアスなどを贈ると、場合によっては校則に違反させるような事態になるかもしれませんので、その点はしっかり確認しておきましょう。

高校生活や大学受験でも使える「腕時計」

試験や通学が身近になる高校生には、腕時計のプレゼントもよいでしょう。アナログタイプの腕時計のほか、スポーツタイプのデジタル腕時計や、太陽光で充電できるソーラー式、ソーラー電波式などがあります。

腕時計の相場は1万円~3万円といったところです。腕時計を贈ることには「時間を大切にしてほしい」や「勉強に励んでほしい」というメッセージを込めることができます。一方で、高価すぎるものは相手が負担に感じることもありますので、ほどほどの価格帯を選ぶのがおすすめです。 

大学の入学祝いの人気ギフトとは?

大学の入学祝いの人気ギフトとは?

最後に大学の入学祝におすすめのプレゼントをご紹介します。プレ社会人でもある大学生には、長く身近に使い続けられるようなプレゼントを選ぶとよいでしょう。

社会人になっても使える「万年筆」や「ボールペン」

入学祝の定番であるステーショナリーですが、大学生に贈るのなら万年筆や有名ブランドのボールペンなど、これからも使い続けられるようなものがおすすめです。ボールペンや万年筆は、5000円~1万円が相場となっています。

こういった上質な筆記用具は、大人の身だしなみの1つともいわれており、勉学や仕事の意欲を高めるほか、周囲に好感を与えられるというメリットがあります。ただし長く使い続けるにはある程度のメンテナンスが必要ですので、場合によっては相手に負担をかけることもあります。

日々の大学生活で使う「リュック」や「バッグ」

大学生はPCや資料など、通学の際の荷物が多くなりがちです。そこで、大きな荷物をまとめて入れられるようなリュックやバッグをプレゼントするのもいいでしょう。定番のデイパック、メッセンジャーバッグやレザーバッグのほか、女子大学生にはコットンや帆布のトートバッグもおすすめです。2WAYや3WAYのものなら利便性も高いでしょう。

金額相場は5000円~1万円程度ですが、有名なスポーツブランドのものなら1万円以上のものもあります。通学カバンは毎日使用するものですので、気に入ってもらえるデザインや機能性のものを選ぶのがポイントです。

大人への第一歩として「高級ブランド品」

プレ社会人である大学生には、思いきって高級ブランド品をプレゼントすることで、大人としての自覚を促すこともできます。たとえばバッグや財布のほか、アクセサリーや服など、さまざまな種類があります。

金額はブランドによっても異なりますが、3万~5万程度を想定しておくとよいでしょう。デメリットではありませんが、1つ注意したいこととして、あくまで学生である大学生に高級ブランド品はふさわしくないという意見も、少なからずあります。大学生に高級ブランド品を贈る場合は本人や親御さんの意見を取り入れながら選択するのがおすすめです。

相手に合わせたおしゃれなプレゼントをしよう!

入園祝いや入学祝は、子供の新しい門出を祝福するものです。ぜひ相手がたくさん使ってくれるようなアイテムを選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました