快気内祝いとは?快気内祝いの相場、おすすめや熨斗(のし)のマナーも解説!

快気内祝いとは?快気内祝いの相場、おすすめや熨斗(のし)のマナーも解説!

退院した際に快気祝いや快気内祝いとして、退院の報告とお世話になったお礼としてお返しの品を贈ります。しかし、快気祝いと快気内祝いの違いや快気祝いの相場、熨斗(のし)など分からないことも多いですよね。ここでは、快気内祝いの意味や相場、熨斗(のし)、おすすめの品もご紹介します。

快気内祝いとは?快気祝いとは違う?

快気内祝いとは?快気祝いとは違う?

病気やケガで入院や療養をしていた方が、お見舞いをいただいた方やお世話になった方に快気したことを知らせるためのものに「快気内祝い」と「快気祝い」があります。この2つの言葉は、回復の様子で使い分けることを確認しておきましょう。

どちらも「ご本人からお世話になった方へのお礼」

結婚した場合や出産した場合では「結婚祝い」や「出産祝い」は周囲の方からいただくお祝いですが、「結婚内祝い」や「出産内祝い」はご本人がお祝いをいただいた方へお返しとして贈るものです。

それに対して「快気内祝い」と「快気祝い」は、回復の様子で使い分けをしますがどちらも病気やケガをしたご本人から、お見舞いをいただいた方やお世話になった方へのお礼であることは同じです。

「快気祝い」は全快してよくなった場合

「快気祝い」は、病気やケガをしたご本人からお見舞いをいただいた方やお世話になった方へ、全快してよくなった場合に感謝と報告を兼ねたお返しをすることです。

「快気内祝い」は全快には至らず通院や自宅療養を続ける場合

「快気内祝い」は、病気やケガをしたご本人からお見舞いをいただいた方やお世話になった方へ、退院をしたものの全快には至らない状態であるため、通院などをしながら自宅療養が必要な場合に、感謝と報告を兼ねたお返しをすることです。

「全快祝い」「御見舞御礼」「退院祝い」とは?

「全快祝い」「御見舞御礼」「退院祝い」とは?

病気やケガをした際に関係するお祝いやお礼には、「全快祝い」「御見舞御礼」「退院祝い」があります。それぞれがどのようなことを意味するのかを確認しましょう。

「全快祝い」は「快気祝い」とほぼ同じ意味

「全快祝い」と「快気祝い」は、ほぼ同じ意味です。「全快」という言葉からもわかるように、「全快祝い」は「快気祝い」をするのと同じように退院をしただけでなく全快した状態の場合に用います。

「御見舞御礼」は「快気内祝い」と似た役割を担う

「全快祝い」と「快気祝い」が全快の状態でのお返しなのに対して、「御見舞御礼」は入院が長引きそうだけれどもお見舞いのお返しをしたい場合や退院はしたけれども全快には至っていない場合に用います。

どちらの場合も全快ではない状態で贈ることであるため、「御見舞御礼」と「快気内祝い」は似た役割を担っていることになります。また、「御見舞御礼」は、闘病の末に亡くなった場合にも用います。

「退院祝い」はお見舞いに代えて贈ることも

「退院祝い」は、病気やケガをしたご本人が贈るものではありません。病気やケガをして入院していた方がお見舞いをする前に退院してしまった場合に、入院中に出来なかったお見舞いの代わりとして「退院祝い」を贈ります。

快気内祝いの相場やタイミングとは?

快気内祝いの相場やタイミングとは?

快気内祝いの相場やタイミングについては、知らない人も多いものです。ここからは、快気祝いの相場やタイミングについてご紹介します。

快気内祝いの相場

快気内祝いの相場は、一般的にはいただいたお見舞いの半分程度、または3分の1程度と言われています。例えば、10,000円のお見舞いをいただいた場合は、3,000円から5,000円の品物を快気内祝いとして贈ります。

連名でお見舞いいただいた場合

会社勤めをしている場合などは、お見舞いを連名でいただく場合もあるでしょう。お見舞いを連名でいただいた場合は、全員分の快気内祝いを準備するのがマナーです。しかし、人数分の快気内祝いを準備するのは、費用がかさんでしまいます。

職場関係の方の連名であれば、職場で小分けできる個包装されたお菓子などが良いでしょう。その場合は、個包装されたものがいくつ入っているのかの確認も忘れてはいけません。

病院関係者の方々へのお礼

病院に入院中は、病院関係者の方々にお世話になるため、退院する際には御礼がしたいと思う方も多いものです。しかし、基本的には病院関係者へのお礼は不要です。病院によっては、患者さんからのお礼は受け取らないという規則がある場合もあります。

お礼をしたいという強い気持ちから強引にお礼を渡すことは、逆に迷惑になってしまいます。病院関係者の方々へのお礼は、金品をお礼として渡すのではなく感謝の気持ちを言葉で伝えるようにしましょう。

快気内祝いのタイミング

何事にもタイミングはつきものです。もちろん、快気内祝いにもタイミングがあります。快気内祝いは、全快をしていない状態で贈るものであるため、退院後1週間から2週間を目安に贈りましょう。これは、ご本人とお見舞いをくださった方との関係にもよります。

親族や親戚、ご近所の方には1週間から10日程度、遠方の方には1週間から2週間程度、職場の方には職場復帰をしてから1週間以内を目安にしましょう。

ただし、軽い病気やケガで退院後すぐに普通の生活に戻れる状態なのであれば、目安のタイミングを待たずして快気内祝いを贈りましょう。なぜなら、心配をかけてしまった方には少しでも早く退院の報告をして安心していただく必要があるからです。

熨斗(のし)や水引のマナーとは?

熨斗(のし)や水引のマナーとは?

快気祝いや快気内祝いには、熨斗(のし)をつけて贈ります。その際に気になるのは、熨斗(のし)の書き方や水引のマナーではないでしょうか。ここからは、熨斗(のし)や水引についてご紹介します。

「快気祝い」の品物の表書き

快気祝いの品物の表書きは、のし上に水引にかからないように「快気祝」と書き、のし下には「自分の名前」を書きます。快気祝いは退院後の通院が必要ないため、のし上は「快気祝」の他にも「全快祝」や「御礼」とすることもあります。

のし下には名前を書きますが、その際は苗字のみを書くことが一般的です。ただし、親戚や親族など、同じ苗字の方に贈る場合は、フルネームで書くこともマナー違反ではありません。

また、のし下の名前は連名で書かないようにしましょう。連名で書いてしまうと、名前のある方すべてが入院していたことになります。例えば、ご夫婦であれば実際に入院していた方の名前のみを書きます。

「快気内祝い」の品物の表書き

快気内祝いの品物の表書きは、のし上に水引にかからないように「快気内祝」と書き、のし下には「自分の名前」を書きます。退院後も通院や自宅療養が必要なため、のし上は「快気内祝」の他にも「御見舞御礼」や「退院内祝」とすることもあります。

「結び切り」の熨斗(のし)を用いる

快気祝いや快気内祝いの場合、病気やケガや一度きりであってほしいことであり、繰り返したくないことであるため、紅白の5本または7本の「結び切り」の水引を用います。「結び切り」は端を引っ張ってもほどけない結び方だからです。

ご本人が亡くなった場合は「御見舞御礼」を贈りますが、その際は白無地の短冊を添えることがマナーです。もちろん一度きりであってほしいことであるため、水引は「結び切り」ですが、色は黒白です。

お礼文をつける場合は?

お礼文をつける場合は?

単に品物を快気祝いや快気内祝いとして贈るのではなく、感謝の気持をつづったお礼文も添えましょう。ここからは、快気祝いや快気内祝いに添えるお礼文についてご紹介します。

「快気祝い」で手紙でお礼を伝える場合の例文

快気祝いでお礼を伝える際の手紙の内容は、お見舞いへのお礼や感謝の気持ちを伝える文面にしましょう。

「先日はお見舞いをいただきましてありがとうございました。順調に回復し退院いたしました。つきましてはささやかながら心ばかりの品をお届けしますのでお納めください。簡単ではございますが、まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます。」などがおすすめです。

「快気内祝い」で手紙でお礼を伝える場合の例文

快気内祝いでお礼を伝える際の手紙の内容は、退院後も通院をしながら自宅で療養が必要であることから、快気内祝いとは少し異なります

「先日はお見舞いをいただきましてありがとうございました。ようやく退院し今は自宅でゆっくり療養しております。ささやかな品ではございますが、どうぞお受け取りください。簡単ではございますが、まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます。」などがおすすめです。

メールでお礼を伝える場合の注意点

快気祝いや快気内祝いに添えるお礼文は、できるだけ手書きで書くようにしたいものです。しかし、普段からメールなどでやり取りをしている方の場合は、メールでお礼を伝えることもあるでしょう。

その際に押さえておきたいポイントが4つあります。それは、件名はわかりやすく、お見舞いに来てくださったことやお見舞いの品への感謝、直接会って快気祝いや快気内祝いの品を渡せないことのお詫び、今後の挨拶を取り入れることです。

快気内祝いにおすすめのギフトとは?

快気内祝いにおすすめのギフトとは?

快気内祝いにはどのような物が良いのか悩む人も多いものです。品物を贈れば何でもよいというわけではありません。品物選びにもマナーがあるため、注意しましょう。ここからは、快気内祝いにおすすめのギフトをご紹介します。

「快気内祝い」には消えて無くなる物を

快気内祝いでは、消えて無くなる物を贈ります。なぜなら、「病気やケガがきれいになくなった」ということを意味するからです。後に残るものではなく消えて無くなる消耗品を選ぶことは、快気内祝い品を選ぶ上でのマナーでもあります。

お菓子などの食品や洗剤が定番

お菓子などの食品や洗剤は、快気内祝い品として定番です。これらは、食べたら無くなる、使ったら無くなるという消耗品です。他にも、タオルも人気のある快気内祝い品です。幅広い年齢層の方に喜んでいただける快気内祝い品と言えます。

商品券やギフトカードではなくカタログギフトを

商品券やギフトカードは、ギフトとしては相手の好みを問わないためとても便利なギフトですが、金券類はお金を贈っても良い場合にお金に代わるものとして贈るものであるため、快気内祝い品としてはだめなものにあたります。特に、目上の方には失礼にあたります。

もし、贈る相手の好みがわからない場合は、カタログギフトがおすすめです。なぜなら、カタログギフトならば、受け取った人がそのカタログの中から好みのものを選んで申し込むことができるからです。

近頃のカタログギフトは種類も豊富で、食品だけを扱うものもあれば雑貨だけを扱うものや、食品と雑貨がセットになったものなどもあります。ブランド品の扱いもあります。

快気祝いや快気内祝いは手渡し?

快気祝いや快気内祝いは手渡し?

快気祝いや快気内祝いは、可能な限り手渡しで贈りましょう。相手の都合を確認して、訪問する日時を決めます。この時に大切なことは、相手の予定を最優先に日時を決めることです。

訪問当日は、約束の時間よりも数分遅れて伺うのがマナーです。約束の時間よりも遅れることは、相手の準備が整うまで待つという意味があります。

退院した際には快気祝いや快気内祝いで感謝を伝えよう!

病気やケガをして入院すると、周りの方のお世話になったり、お見舞いをいただいたりすることも多いものです。支えてくださった方々への感謝の気持ちは快気祝いや快気内祝いとしてしっかりと伝えましょう。

タイトルとURLをコピーしました