ひな祭りの初節句の飾りとは?飾り物や飾り物の相場費用など紹介!

ひな祭りの初節句の飾りとは?飾り物や飾り物の相場費用など紹介!

ひな祭りの初節句の飾りつけと聞くと、ひな人形や桃の花など思い浮かべる方は多いでしょう。しかし実際その飾りにどのような意味があって、どれくらいの値段がするのかをご存知の方は少ないのではないでしょうか?そこでひな祭りの初節句の飾りについて解説します!

そもそもひな祭りや初節句とは?

そもそもひな祭りや初節句とは?

日本で毎年の行事として行われるひな祭りや初節句。多くの人たちは当たり前の行事としてお祝いを行っていることでしょう。

そもそもひな祭りや初節句とはどういう行事なのでしょうか?飾りについて解説をする前に、ひな祭りや初節句について見ていきましょう

ひな祭りについて

まずは毎年3月3日に女の子のお祭りとしてお祝いが行われるひな祭りについて見ていきましょう。

ひな祭りの由来

日本で女の子のお祭りとして毎年お祝いするひな祭りは、もともとは中国の上巳の節句が由来だといわれています。

中国では、季節の節目には邪気が入りやすいと考えられていました。その節目を表す日を五節句といい、3月3日や5月5日などのことを指します。この考え方が日本にそのまま伝わり、3月3日に雛祭りが行われるようになりました。

中国で行われる上巳の節句では、川に入って身を清める禊(みそぎ)を行い、邪気払いを行います。それが日本に伝わってきたときには、人形を川に流すという風習に代わります。現在も一部の地域で行われている流し雛は、この名残です。

やがて、時代の流れとともに流し雛は立派な自宅に飾る人形へと変化していきます。江戸時代に入り、花嫁道具の一つとして娘に持たせるようになり、現在の雛人形になりました。

ひな祭りのお祝い方法

ひな祭りは邪気払いという目的がありますが、豪華なご馳走を作ってみんなでお祝いをするというのが一般的な過ごし方です。盛大にお祝いをすることで、邪気が払われると考えられています。

ひな祭りの一般的な料理として、ちらし寿司ハマグリのお吸い物や菱餅が挙げられます。これらにはそれぞれに重要な意味が込められています。

ちらし寿司は食べ物に困りませんようにという願いが込められています。また、中の具材にも意味があり、レンコンは見通しがききますように、エビは腰が曲がるまで長生きできますようになどの意味があります。

ハマグリのお吸い物には、相性がぴったり合致する人と出会い、添い遂げることができますようにという親の願いが込められています。女性にとっての最大の幸せは結婚だという考えが浸透していたためです。

菱餅は緑・白・ピンクの3色で作られます。緑にはヨモギが入っており、無病息災の意味があります。白は「純粋」や「清浄」の意味があり、穢れを取り除くという意味がこめられています。ピンクは魔除けを意味しています。

初節句について

子供が生まれると必ず行われるのが初節句です。初節句はいつ行えばよいのでしょうか?また男の子の初節句と女の子の初節句に違いはあるのでしょうか?

初節句に焦点を当てて詳しく解説します。

初節句は何歳からお祝いする?

一般的に、初節句は生まれてから初めて迎える3月3日に行うとされています。これは仮に8月生まれの子供であっても、初節句は3月3日に行うということです。

ただし、1月や2月に生まれた子供の場合、3月3日に初節句を行うのは早いと考える人も一定数存在します。生まれて1年も経っていないのに初節句を行うのは早すぎると感じるからです。

このような3月3日を迎えるまで1年に満たない子供の場合、翌年の3月3日を初節句としてお祝いします。初節句に厳密な決まりはないため、1年先延ばしにしても問題ありません。

男子は端午の節句

男の子のお祝いとして知られている端午の節句。毎年5月5日が端午の節句として知られています。この日は日本では「こどもの日」と呼ばれており、祝日とされています。

中国では5月5日を、優秀な政治家として知られていた屈原(くつげん)の命日としていました。この時期、季節の変わり目で病にかかる人が多く、命日をお祝いするとともに厄除けの行事と合わさります。

日本に端午の節句が伝わった時、ちょうど日本でも中国と同じように5月5日ごろに体調を崩し、亡くなる人が多かったのです。

やがて、時代の流れとともに家を守る役目を担っている男の子が元気に成長するようにという願いが込められるようになりました。また、それが現在の端午の節句へと変貌と遂げたといわれています。

女子は桃の節句

女の子をお祝いする日として有名な3月3日のひな祭りは、別名「桃の節句」と呼ばれています。なぜ、桃の節句と呼ばれているのかというと、この時期にちょうど桃の花が満開になるからです。

中国では、桃の花には魔除けの力があると考えられていました。中国の有名なお話に仙人が住むとされている桃源郷があります。桃源郷では年中桃の花が満開で、時間の流れが止まっているところなのだそうです。

日本でも3月3日には桃の花が満開になる時期です。中国から上巳の節句として伝わった時、桃の花の魔よけの話も同時に伝わりました。この二つの話が合わさり、日本では3月3日の上巳の節句を別名で「桃の節句」と呼ぶようになったのです。

ひな祭りにおける初節句の飾りとは?

ひな祭りにおける初節句の飾りとは?

ひな祭りには様々な飾りを行います。主な飾り付けとして代表的なものが、雛人形(ひなにんぎょう)と桃の花です。これらにはどのような意味があるのでしょう。それぞれの起源や意味について解説します。

ひな人形を飾る

ひな祭りの代表的な飾りと言えばひな人形です。このひな人形にはどのような起源や歴史があるのでしょう。

ひな人形の飾り方や時期と合わせて、ひな人形に焦点を当てて解説します。

ひな人形の起源とは?

ひな祭りにひな人形を飾るのは、子供の身代わりだと言われています。昔は子供が大人に成長することが少なく、病気にかかって亡くなる子供が多かったのです。

そこで、子供が無事成長して大人になりますように、という願いを込めてひな人形を飾るようになりました。災いをひな人形に移し、子供を守ろうとしたということです。

ひな人形の歴史とは?

もともとひな人形は、川に流す流し雛が最初でした。紙で作ったひな人形を川に流し、災いを流すという目的があったのです。

江戸時代に入り、流し雛は家に置く人形へと変化しました。この時、同時にお金持ちが豪華な人形を飾るということを始め、現在のひな人形が定着したといわれています。

一般的なひな人形の飾り方

一般的なひな人形の飾り方は、人形や道具の格式順に従って並べるとされています。格式が高い人形や道具を上から順番に並べるということです。

具体的には上の段から格式の高いひな人形を飾り、その次にひな道具を飾ります。ひな人形についても序列が高い人形から順番に飾るのが通例です。

最もメジャーなものは七段飾りです。しかし、近年は三段飾りや五段飾り、そして一段飾りなども多くみられます。

ひな人形はいつからいつまで飾る?

ひな人形は、2月の中旬ごろから飾り始めるのが一般的です。最も良いのは厄払いの意味がある節分の後に飾ると、邪気が払われて良いとされています。

ちなみに、ひな人形を飾ることに年齢は関係ありません。極端な話、70歳や80歳を過ぎてからひな人形を飾っても問題ないということです。

ひな人形は女の子の身代わりだけではなく、女性の身代わりという考え方もあります。そのため、年齢制限はないのです。

3月3日を過ぎたらすぐ片付けるべき

一般的に、ひな人形は3月3日を過ぎたらすぐに片づけなければならないとされています。翌日の午前中には片づけたほうが良いとも言われています。

すぐに片づけなければならないとされているのは、いつまでも出したままにしておくと婚期が遅れると言われているからです。娘が家に居ついてしまうと考えられていたため、すぐに片づけたほうが良いとされているのです。

桃の花を飾る

ひな祭りの飾り付けで雛人形以外に有名なのが桃の花です。どうして、ひな祭りには桃の花も飾るのでしょう。

桃の花にあると考えられているその効果や、桃の花以外の飾り付けについても解説します。

桃の花には魔除け効果がある

桃の花をひな祭りに飾るのは、魔除けの効果があるとされているからです。桃の花は中国から伝来した花ですが、この時、桃の花にまつわる伝承も日本に伝わりました。

中国では、桃の花や桃の実には邪気を払い、延命をもたらす力があるとされていました。上巳の節句に桃の花を飾ることで、健康で長生きできると考えられていたのです。

ひな祭りに飾るのは桃の花だけじゃない?

ひな祭りに飾る花として最も有名なのが桃の花です。しかし、暇な釣りに飾るのは桃の花だけではありません。橘(たちばな)や桜もひな祭りに飾る花とされてます。

橘は雛人形の飾りにもあります。ひな祭りに橘を飾るのは、不老長寿の効果があるとされているからです。橘は日本では神様の依り代と考えられています。神様が宿る植物を飾ることで、不老長寿のご利益がいただけると考えたのです。

桜をひな祭りに飾るのは、桜の花に魔除けの力があると考えられているからです。桃の花と同じ効果があるとされ、ひな祭りには桜の花を飾ることが多くあります。

ひな祭りの飾りのメイン「ひな人形」の値段とは?

ひな祭りの飾りのメイン「ひな人形」の値段とは?

ひな祭りにメインに飾るものと言えばひな人形です。ひな人形はどれくらいの価格なのでしょうか?一般的な相場について解説します。

ひな人形新王飾り(平飾り)の相場価格

ひな人形の中でも親王飾りと呼ばれている人形の相場は、だいたい10~20万円と言われています。安いものでは5万円のものもあり、高いものでは50万円を超えるものもあります。

親王飾りは雄雛と雌雛を並べた平飾りのひな人形です。人形の数や道具の数は大変少ないという特徴があります。コンパクトなので、近年最も選ばれているスタイルです。

ひな人形五人飾り(三段飾り)の相場価格

三段飾りのひな人形の相場は、25~35万円ほどと言われています。ただ、全体的に小さめのコンパクトサイズのものなら、10万円前後で売られています。

三段飾りは、雄雛と雌雛と三人官女の五人飾りのひな人形です。長持や和箪笥などの道具もついているので、親王飾りよりも本格的な見た目です。

ひな人形十五人飾り(七段飾り)の相場価格

十五人飾りのひな人形の相場は、20~60万円ほどです。ただし、道具の種類の多さや人形の作りによって100万円を超えるものもあります。

十五人飾りは、雄雛や雌雛と三人官女や五人囃子、右大臣左大臣などの大所帯の七段飾りのひな人形です。人形の数だけではなく、道具の数も大変多いという特徴があります。

ひな人形ケース飾りの相場価格

ケース飾りのひな人形の相場は、3~20万円程度です。ただし、ケースの素材や作りによっては100万円を超える場合もあります。

ケース飾りのひな人形は、ガラスやアクリルのケースに入っているという特徴があります。飾っている間、埃をかぶらないのでお手入れが楽です。親王飾りのものから五段飾りのものまであります。

こどもにとっても親にとっても特別なひな祭りにしよう!

ひな祭りや初節句は、子供にとってだけのお祭りではありません。親にとっても大切な祭事です。飾り付けはもちろん、特別なお料理も用意して、特別な日なひな祭りを過ごしてください。

タイトルとURLをコピーしました