こどもの日におすすめなギフトとは?ギフトの相場やタブーも紹介!

こどもの日におすすめなギフトとは?ギフトの相場やタブーも紹介!

1年のなかで最もこどもが主役となる日が「こどもの日」です。毎年5月5日がこどもの日と定められており、GWなどの印象が強い方も多いのではないでしょうか?そんなこどもの日にこどもや孫に贈るべきギフトを紹介します!ギフトの相場金額やタブーも解説します!

そもそもこどもの日とはどんな日?

そもそもこどもの日とはどんな日?

そもそもこどもの日とはどんな日なのだろうかと疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。まずは、こどもの日とはどんな日なのかということを解説します。

こどもの日はいつ?由来とは?

こどもの日は5月5日です。こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」休日として、1948年(昭和223年)7月20日に祝日法である国民の祝日に関する法律第二条によって国民の祝日に定められました。

「こどもの日」というだけあり「こどものための祝日」だと思っている人も多いようですが、実は母への感謝を伝える日でもあるのです。

端午の節句とは?

こどもの日でもある5月5日は、端午の節句の日でもあります。この2つは、同じ意味というわけではなく、こどもの日と端午の節句が重なっているだけです。1948年にこどもの日が制定される前までは5月5日を端午の節句と呼んでいました。

中国から伝わった端午の節句は古来から、男の子の健やかな成長を願う行事が行われています。「端午」は年に5回ある節句の内の一つです。端午の節句が行われるようになった当初は、5月の最初の午(うし)の日に行われていました。

しかし、「午」は「五」に通じるということから端午の節句は5月5日に行われるようになりました。五が重なるので「重五の節句」と呼ばれることもあります。

なぜこどもの日には鯉のぼりを飾る?

鯉のぼりを飾る風習は、江戸時代の武家で始まりました。男の子が生まれると幟を立ててお祝いをしていました。次第に鯉の絵が描かれた幟が立てられるようになり、その後吹き流しを鯉の形に模して作って庭先に飾り、風になびかせていたことが始まりです。

なぜ鯉なのかというと、鯉は生命力が強く激流の滝を登りきった鯉は竜になれるという中国の登竜門天説にちなんでいます。健康に育った子供が出世して立派な人になるようにという願いも込められています。また、地域の人々へ男の子が生まれたということのお披露目という意味もあります。

本来鯉のぼりは黒い鯉の真鯉だけでしたが、明治時代から真鯉に加えて緋鯉を対にして飾るようになりました。昭和になると青い鯉の子鯉も加えて家族を表すようになりました。女の子も含めた家族を表すために暖色の子鯉の需要もあるようです。

こどもの日は特別なお風呂に入る?菖蒲湯とは?

菖蒲湯は、端午の節句の日に行う風習の一つです。菖蒲湯とは、湯船に菖蒲の葉や根を入れて入るお風呂のことです。菖蒲には独特の強い香りがあり、その香りで邪気を祓うと考えられていることから菖蒲湯に入るようになりました。紫色の花が咲く菖蒲は、花菖蒲で菖蒲とは別物です。

菖蒲湯をするために準備するものは、葉と茎の部分の両方を束ねたものです。菖蒲は葉から香りが出ます。そのため、水から沸かす場合は水から、給湯式の場合は浴槽が空のうちに菖蒲を入れます。こうすることで香りが高まります。

「菖蒲の葉を頭に鉢巻のように巻くと頭がよくなる」という言い伝えもあります。また、葉を使ってハーモニカのように音を鳴らすことができます。子供と一緒にお風呂に浮かぶ菖蒲を使って遊んでみてはいかがでしょうか。

こどもの日の食べものとは?

こどもの日の食べものとは?

日本では「行事食」という言葉があるように、行事に欠かせない料理があります。こどもの日が近づいてくると実際に店頭などでも目にする機会も増えることでしょう。

ちまきとは?

チガヤの葉で巻かれていることから名づけられた「ちまき」は、一般的に関西で食べられています。男の子が生まれてから初めて迎える節句にはちまきを、2年目からは柏餅を食べていたとも言われています。

ちまきを端午の節句に食べる風習は、中国から端午の節句と一緒に伝わってきました。ちまきを結ぶ紐には、「子供が無事に育つように」と魔除けの意味がこめられています。

柏餅とは?

柏餅とは、うるち米を使った上新粉を平らにしてあんこを入れ、柏の葉で巻いた餅菓子です。一般的にはこしあんや粒あんが包まれた餅菓子ですが、京都では白味噌が使われる場合もあります。江戸時代に関東地方を中心に柏餅を食べる風習が広まりました。

柏の葉は新しい芽が出るまで葉が落ちないことから「子供が成長するまで父母は亡くならない」という意味があります。また、子孫繁栄の願いも込められています。

こどもの日のギフトのおすすめとは?

こどもの日のギフトのおすすめとは?

普段から子供にギフトをする機会がない人は、何をプレゼントすればよいのだろうかと悩むのではないでしょうか。特に、初孫へのギフトなどは気を使うものです。年齢ごとにおすすめのギフトをご紹介します。

0歳~3歳のおすすめは「おもちゃ」

3歳までの子供には、遊べるおもちゃのギフトがおすすめです。3歳になれば少し好みが出てくる頃です。その時に好きなキャラクターや興味を持っているものをリサーチしてギフトを贈るとよいでしょう。価格帯は、3000円から5000円が多いようです。

0歳の男の子で初節句を迎えるのであれば、鯉のぼりや兜を贈ろうと考えている人もいるでしょう。しかし、近頃は住宅事情もあり大きな鯉のぼりや兜はスペースを取るので好まれません。贈ろうと考えているのであれば、実物ではなく現金をお祝いとして包み贈りましょう。

3歳~5歳のおすすめは「絵本」

3歳から5歳の子供には、絵本のギフトがおすすめです。このころは言葉が話せるようになり、知識がついてくる頃なので、絵本にも興味を持つ頃です。レゴなどのブロックや年齢に合った知育玩具もおすすめです。

男の子向けとしても女の子向けとしても選ぶ側としては選びやすい絵本ですが、絵本は1冊だと値段的に少し物足りなさを感じる人もいるでしょう。そのような時はいろいろな絵本をプレゼントするのも良いですが、シリーズものをセットでプレゼントするのもおすすめです。

5歳~のおすすめは「勉強道具」

5歳は幼稚園や保育園でも年長になり、早い子は字も書けるようになります。小学校入学が間近に迫っていることもあり、ギフトは勉強道具がおすすめです。男の子も女の子もお絵描きや色塗りなどにも興味を持つ頃なので、1000円から2000円くらいの手書きの電子メモなども喜ばれます。

指先を使うことで思考力や想像力に磨きをかけるブロックもおすすめです。図形や空間認識の力を育むパズルにも興味を持つ頃です。小学校に入学後も使えるような汎用性の高いものが人気です。

小学生にはプログラミング知識が身につく玩具や、コミュニケーションツールとしても楽しめるカードゲームやボードゲーム、社会科の勉強になる地図のパズルなどもおすすめです。

何歳でもおすすめプレゼント「スイーツ」

年齢に関係なく何歳でもおすすめのプレゼントは、スイーツです。子供のためだけでなく、大人も一緒になって家族で楽しめるスイーツがおすすめです。こどもの日や端午の節句をモチーフにしたスイーツなども人気があります。

ちまきや柏餅など、古くから端午の節句の行事食として食べられている和菓子も人気がありますが、近頃は和菓子だけでなく洋菓子も人気です。こどもの日が近づいてきたら、スイーツショップをチェックしてみることをおすすめします。

こどもの日のギフトの金額相場とは?

こどもの日のギフトの金額相場とは?

こどもの日のギフトの金額相場がわからず、いくらくらいのギフトを準備すれば良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ここからは、こどもの日のギフトの金額相場をご紹介します。

そもそも「プレゼントしない」が増えている?

こどもの日にお祝いや記念の一つとしてプレゼントをあげる人もいれば、プレゼントは誕生日とクリスマスだけと決めてプレゼントしない人も増えています。また、初節句の年だけプレゼントを贈り、それ以降はプレゼントしないという場合もあるようです。

初節句は2万円~10万円程度が相場

生まれて初めて迎える節句を初節句と言います。初めて端午の節句を迎える男の子の家庭では、一般的に鯉のぼりや兜などの五月人形を準備します。そのため、初節句を迎える場合の相場は高くなります。鯉のぼりや兜などの五月人形は、祖父母から初節句のお孫さんへ贈る場合が多いです。

初節句以外は5000円前後が相場

初節句以外であれば高いものをプレゼントすると反対に相手方に迷惑をかける可能性があります。そのため、5000円前後に費用を抑えたプレゼントを選ぶと良いでしょう。しかし、お祝いの食事会などに招かれた場合は、食事代を含めて8000円から10000円が相場です。

関係性によっては3000円くらいのギフトを準備することもマナー違反ではありません。

こどもの日のギフトとしてタブーなものって何?

こどもの日のギフトとしてタブーなものって何?

他のギフトを選ぶときと同じように、こどもの日のギフトにもタブーとされるものがあります。喜んでもらうために贈るにもかかわらず相手方を嫌な気分にしてしまわないように気を付けましょう。

ハンカチ

ハンカチは実用的でギフトとしても良いと思われがちです。しかし、昔の言い方では「手巾」と書き表すことから、この漢字が「てぎれ」とも読むため「手切れ」を連想させるとされてギフトとしては避けられるようになりました。

ただし、色ものや模様があるものは問題ないと考えられる場合もあります。

古風なギフトという感じがする櫛は「苦」や「死」を連想させ、日本では縁起が良くない言葉とされているためギフトとしては避けられるようになりました。

お母さんへの感謝も忘れない素敵なこどもの日にしよう!

プレゼントを受け取って喜ぶ子供の笑顔が見られると贈った側もとても嬉しいものです。GWのイメージが強く、こどもの日は子供だけのお祝いの日にしてしまいがちですが、お母さんへの感謝も忘れずに素敵な一日にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました